平尾台の火事

今月の食事会は行橋の「五合庵」。なんでも滋賀から移築された古い家屋らしく、風流なたたずまいでした。五合庵の名前の由来は聞きそびれたけれど、何かいわれがありそうです。
各部屋部屋に飾られた小さな雛人形、黄色とピンクの春の花もゆかしげで、古民家風というのは落ち着きますねぇ。日本人の郷愁ごころをそそります。

まず最初に出されたこじんまりときれいに盛られたお刺身の一切れを口にした時、これはいける……、今日は満足させてもらえそう。案にたがわず次々に出される料理はどれもおいしかった。

往きは10号線でしたが、帰りは平尾台に向かって進むうち、あちらこちらの山から白い煙が昇っているのが見える。あれ! 平尾台の野焼きは昨日のはずなのに…… と思う間もなくすぐそばの道路沿いのくすぶっていた枯草に炎が上がってぱっと燃え広がり、ぱちぱちとはじけるような音、道路わきに停車している消防車が2台、隊員たちの姿も見える。

どうしたの? 昨夜テレビニュースで聞いた火事はその後どうなったんかしらと車を降りて聞いてみると、今燃えているのが昨日から燃え続けてココまで延焼している火事なんだ。どうしようもないから自然に鎮火するまでただ見守っているだけなんだって。びっくりしました。

いつのことだったか、平尾台の野焼きが火事になって人命が失われたことがあったのを思い出しました。野焼は大切な行事なんでしょうが、大変なことですね。

IMG_1847.jpg

スポンサーサイト

地球の名言


presented by 地球の名言

全記事表示リンク

黒ねこ時計 くろック E01

プロフィール

やんこ

Author:やんこ
やんこのぶらぶら日記へようこそ!
気が向いたとき、思い出したときに気ままに書き込む日記です。
時々のぞいてみてくださいね

カレンダー

01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-