手向山

小倉に住んで40数年、そばはよく通るけれど、まだ1度も登ったことがない手向山に初めて登りました。こんもりとした樹々に覆われた小さな山です。「何もないところよ」と聞いていたけれど、どうしてどうして……。

宮本武蔵の養子で小笠原藩の家老職だった伊織が、藩から拝領したこの手向山に建てたという武蔵の碑や、巌流島の決闘で名高い佐々木小次郎にちなんで、作家村上元三が詠んだ 「小次郎の 眉すずしけれ つばくらめ」の句碑、明治時代に要塞化された砲台跡、旧陸軍の火力発電施設跡など、歴史を物語る数々の遺跡がありました。幕末、幕府軍と長州藩との激戦地でもあったんですねぇ。

展望台に上がると、どんよりとした梅雨空では案内板に書かれている関門橋や対岸の火の山などもぼうっとかすんでよく見えませんが、関門海峡を一望に見渡せる大パノラマが広がっていました。。

お昼は門司の小森江まで走って、小高い丘の中腹、ちょっとびっくりするような場所に建つ静かなレストラン「東の丘」で軽いランチとなりました。窓一面に広がる海景色を眺めながら評判のおいしいパスタに舌鼓を……。メニューにある何を食べてもおいしいお勧めのお店です。

IMG_0040.jpg
   宮本武蔵の顕彰碑

IMG_0052_20100630003857.jpg
   手向山の頂上に咲くねむの花

IMG_0028.jpg
   旧陸軍の火力発電所跡

IMG_0018_20100630021517.jpg
   レストラン「東の丘」 おいしいお店です。
スポンサーサイト

コメント

No title

梅雨時の手向け山も又、趣があって良いでしょうね。若い頃真夏の昼下がり、蝉の声を聞きながら一時間も車の中で昼寝したこと思い出しました。合歓の花が綺麗ですね。
雨の日やまだきにくれて合歓の花
・・・・蕪村の句がありますね。
非公開コメント

地球の名言


presented by 地球の名言

全記事表示リンク

黒ねこ時計 くろック E01

プロフィール

やんこ

Author:やんこ
やんこのぶらぶら日記へようこそ!
気が向いたとき、思い出したときに気ままに書き込む日記です。
時々のぞいてみてくださいね

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-