スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

町の鍛冶屋さん

徳力のモノレールに沿った通りに鍛冶屋さんがあるのをみつけました。我が家からさほど遠くはないのに、滅多にここを歩くことなんかなくて今まで知らなかった。レトロな雰囲気でなんだか懐かしい感じがして、中をのぞかせてもらいました。

今どきこういう鍛冶屋さんが町中にあるんですねぇ。昔の鋤や鍬を使う農業が機械化され、刃物なども大量生産される時代になっても、まだこういう鍛冶屋さんが身近かにあることが思いがけなくて、うれしかった。

赤々と燃える炉、その横にはベルトハンマー、壁にはこどものころ歌った「村の鍛冶屋」の歌詞「しばしも休まず 槌打つ響き、飛び散る火花よ、走る湯玉、」の額が掲げてありました。

店主? 親方? 職人さん? なんとお呼びしたらいいのかわからないけれど、気さくに道具の説明などしてくれました。お昼時とあって仕事を中断したばかりのときで、作業の様子を見学できなかったのが残念。

井上鍛冶屋

IMG_0003_20100702210640.jpg
  炉(火床)とベルトハンマー

IMG_0005_20100702210640.jpg
 ツノカナシキ

IMG_0004_20100702210640.jpg
  ハチの巣

IMG_0081_20100702210640.jpg
  仕事場の壁に掛けられている額、童謡「村の鍛冶屋」の歌詞




スポンサーサイト

コメント

No title

鍛冶屋ですか。今時本当に少ないですよね。今の鍛冶屋さんは人手不足もあり少し機械化してますよね。今の30代以下の人は鍛冶屋を知りませんからね・・・
鉄工所の感覚ですもんね。それにしても懐かしい。一度訪ねてみたいと思います。

No title

南区に住んでてはじめて知りました、どんなものを作っておられるのでしょう訪ねてみます
昔葛原にいらして包丁をうってもらったことあります
非公開コメント

地球の名言


presented by 地球の名言

全記事表示リンク

黒ねこ時計 くろック E01

プロフィール

やんこ

Author:やんこ
やんこのぶらぶら日記へようこそ!
気が向いたとき、思い出したときに気ままに書き込む日記です。
時々のぞいてみてくださいね

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。