7月の自然観察会

大潮を見計らって計画された曽根干潟での自然観察会に参加しました。干潟に棲む生き物や夏鳥、あわよくばカブトガニの産卵を見たいと思いました。

現地集合時間の朝9時、潮は引きはじめていました。ぴょんぴょん飛ぶのは体長10センチほどのトビハゼ、丸い目が頭のてっぺんについていて愛嬌のある顔です。立てた胸ビレを足のように使って飛んでいます。 親指の先ほどの小さな蟹やヤドカリも見えます。ウミニナが無数に散らばっていました。このニナをこどものころ針でつついて食べたことがあるのを思い出しました。

期待のカブトガニの産卵は大潮の満潮時じゃないとだめなんですって……。残念ながら断念して、長く沖の方まで伸びている突堤の上を、沖合の小さな島、間島が目の前に見えるところまで歩いて行きました。突端にはたくさんのウミネコが羽を休めていました。時々「クゥクゥ」と鳴く鳴き声は鳩に似ています。このほか夏鳥はあまり見えなくて、青鷺、ミサゴを見かけただけでした。

時間が早いので行橋の正八幡宮に「あおばづく」を見に行こうということになりました。立派なお社の境内の樹の高枝に青葉づくが身じろぎもせず止まっていました。この鳥は5月ごろやってきて、秋には南の方へ飛んでいく渡り鳥だそうです。

小倉ゆかりの俳人 橋本多佳子の句 「夫恋えば 吾に死ねよと 青葉木莬」を思い出しました。

IMG_0087_20100711125054.jpg
  石の上にトビハゼが2匹います。見えにくいけど見えますでしょうか?

IMG_0097_20100711125054.jpg
  みんなで突堤の先端まで歩きました。往復6000歩
IMG_0112_20100711125054.jpg
  突堤の先端で羽を休めるウミネコたち

IMG_0104.jpg
  突堤の先端から見た眼前の間島と牡蠣の養殖の跡

IMG_0121_20100711125054.jpg
  お社の前の樹の上でじっとしている青葉木冤





スポンサーサイト

コメント

No title

以前も曽根干潟自然観察行かれましたよネ。カブトガニ産卵見れなくて残念でしたね。私の若い頃は前の島まで行って、持ち帰れない程の赤貝を取っていました。石鯛釣りの撒き餌にもよく掘って持って行きました。青葉木冤旨く撮れましたね。スゴイスゴイ。
非公開コメント

地球の名言


presented by 地球の名言

全記事表示リンク

黒ねこ時計 くろック E01

プロフィール

やんこ

Author:やんこ
やんこのぶらぶら日記へようこそ!
気が向いたとき、思い出したときに気ままに書き込む日記です。
時々のぞいてみてくださいね

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-