山本作兵衛記録画展

田川の石炭歴史博物館を訪れました。ユネスコの世界記憶遺産に登録された山本作兵衛氏の炭鉱記録画を見に行ったのです。新聞やテレビで見たことのある絵をはじめ日記や資料などたくさんの展示は見ごたえがありました。
2時間ほどの見学ではでは到底満足できるような鑑賞はできなかったけれど、後世に遺すべき大切な世界的遺産だということはよくわかりました。

炭鉱地帯の日常生活の描写や坑内での様々な作業の様子など記憶をたどって描かれたというのに、緻密で克明な絵にも驚かされたけれど、絵の余白にくわしく書かれている解説文がまた実に興味深かった。当時使われていた数の単位や炭鉱言葉もそのまま書かれているし、出来事や伝承なども読みやすい几帳面な字で書かれている。

胸を打たれたのは手掘りの時代、夫婦、子供まで働く坑内での作業がこんなにも過酷なものであったかと涙のでる思いで見ましたが、日本の近代化はこのような人々の支えもあって進められていったんですねぇ。山本作兵衛さんの作品は写真撮影が禁じられていました。

そのほか歴史資料館のガイドさんから聞いた炭鉱の説明も興味深かった。石炭が掘り出されて貨車に積み込まれるまでの仕組みをわかりやすく説明してくれたそのガイドさんは、実際に炭鉱で閉山まで働いていた人で、資料館で見るだけではわからない過酷な裏話まで熱を込めて話してくれました。

筑豊にほど近い北九州市に住み、かつては筑豊にも住んだことのある私は、もっともっと筑豊のことを知りたいと思いました。帰りに寄ったそば処「そわか亭」のそばがきがおいしかった。

IMG_0672.jpg
 さぞやお月さん煙たかろとうたわれた伊田立坑の2本煙突
  ここが炭坑節発祥の地だそうです

IMG_0683.jpg
坑内で裸で働く夫婦の様子が模型で展示されている

IMG_0671.jpg
  坑夫を乗せて地上と地下を行き来したトロッコ

IMG_0678.jpg
 復元された当時のままの炭住長屋

IMG_0693.jpg
 そわか亭のそばがき

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

地球の名言


presented by 地球の名言

全記事表示リンク

黒ねこ時計 くろック E01

プロフィール

やんこ

Author:やんこ
やんこのぶらぶら日記へようこそ!
気が向いたとき、思い出したときに気ままに書き込む日記です。
時々のぞいてみてくださいね

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-