スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とばたの祇園大山笠

わっしょい百万夏まつりに出かけていき、以前から見たいと思っていた戸畑祇園の山車がお昼の幟山笠から提灯山笠に替わるところを間近でつぶさに見ることができました。ねじり鉢巻き、法被姿の男衆が華麗な刺繍飾りの幟や幕、前花や勾欄などをきびきびと手際よく取り外し、見る見るうちに三角形の提灯山笠に姿を変えていくさまは見事というほかありません。

はじめはやぐらのてっぺんに5段の提灯、それから次々に一段づつの提灯が取り付けられ、数えると12段、309個の提灯を付けた大山笠がたちまち完成。かなり強い風が吹く中をゆらりと傾きながら動き出す。
提灯の火は揺らめいていてローソクのようだけど、風にあおられて傾いたときなど燃え上がるなんてことはないのかしら? ちょっとハラハラしました。大勢の担ぎ手がよいとさ、よいとさの掛け声とともに調子を合わせて進むさまはさすが伝統の技、熱気と躍動感みなぎって、これぞ祭りの醍醐味と実感しました。

戸畑の大山笠は男衆ばかり、威勢が良くていなせで小気味がいい。小倉の祇園太鼓のように女衆が太鼓をたたく姿も今風でいいのかもしれないが、迫力の点では物足りない。神輿はやっぱり男でなくっちゃね。
お昼の格調高い幟山笠といい、夜の幻想的な提灯山笠といい、誇らしい北九州の無形文化財ですね。

IMG_1681_convert_20110808164847.jpg
  夕やみ迫る中、解体される直前の幟山笠

IMG_1723_convert_20110808164601.jpg
 日も暮れました。動き出す提灯山笠




スポンサーサイト

コメント

No title

もう何十年も戸畑ちょうちん山見てません。やんこさんの祭り好き、日本人の中の日本人といったところでしょうか。どこかで祭りがあると知ればなお若き血潮が滾る・・・・酷暑乗り切り術かも知れませんね。
非公開コメント

地球の名言


presented by 地球の名言

全記事表示リンク

黒ねこ時計 くろック E01

プロフィール

やんこ

Author:やんこ
やんこのぶらぶら日記へようこそ!
気が向いたとき、思い出したときに気ままに書き込む日記です。
時々のぞいてみてくださいね

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。