読書

最近、眼ぢからが弱ってきました。若い人が言うお化粧の「メヂカラ」ではなく実際にものを見る力のことです。これも年齢的なものだから仕方がない。時間の余裕ができたというのに好きだった読書をするのが億劫になってきたのです。

若い時には時間に追われ、定年になって余裕が出てきたら思いっ切り読みたいと思っていたロシアの大作ものなどもあの分厚さを見ただけで到底無理と尻込みしたくなるし、第一、こみいった人物の関係なんかを忘れてしまって、前のページをめくったりしているといつになったら読了できるものやらおぼつかなくなってしまう。

子どもの頃は引き揚げてきて境遇が一変し、母も仕事に忙しく、長女の私は家事の手伝いをしなければならないのに母の目を盗むようにして本を読んだものでした。その後もずっと時間に追われる日々が続いたのだけれど、それでも読書というものは若いうちにしておかなければいけないんだ… と今痛感しています。

このごろはパソコンというおもしろい玩具を与えられ、すっかりはまってしまった。これにも時間を取られ眼を取られ、ますます読書から遠のいています。読みたい本は山ほどあるのに残念なことです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

地球の名言


presented by 地球の名言

全記事表示リンク

黒ねこ時計 くろック E01

プロフィール

やんこ

Author:やんこ
やんこのぶらぶら日記へようこそ!
気が向いたとき、思い出したときに気ままに書き込む日記です。
時々のぞいてみてくださいね

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-