井手浦の尻ふり祭

昨日1月8日、北九州市の3大奇祭といわれる井手浦の尻ふり祭りに行ってみました。井手浦は平尾台のふもとの地区で静かな山里です。
平尾台で悪さをする大蛇を神様が退治した時、井手浦に落ちてきた大蛇の尻尾がピンピンはね、その年は大豊作だったという伝説があるそうです。

神主さんが藁の大蛇に1升瓶のお酒をふりかけ大きな矢で的を射ると見物人の間から「もっとやれ」「まだまだ」などと大きな掛け声や野次がひびいて、そのあと神主さんと紋付袴の村役さんが矢をお尻にあて左右にふって豊作を祈願するのです。これがまたなんとも滑稽で面白い。神主さんが大蛇を「えいっ」と切りつけて縄を切ると、藁で作った大蛇のなかに仕込まれた干し柿をみんなで奪い合います。

私も一つ干し柿をとりました。今年はなんと運がいいんでしょう。10数年前に行った時は一つも取れなかったけれど今年はすぐに転がり出てきました。「これは縁起ものよ。無病息災、大豊作」なんて言いながら友達と半分わけして食べました。

寒かったけれどお天気はよし、空気の美味しいひなびた山里の江戸時代初期から伝わるおもしろいお祭りで楽しい一日を過ごしました。残念が一つ、デジカメにメモリーカードを入れ忘れて行ったので、神主さんと2人の座元さんがお尻を振っている面白いところが撮れませんでした。下の写真は頂いたものですが、的の後ろの4メートルほどの藁の大蛇が見えますか?  頭が八つ、尻尾が八つでミカンの目玉をつけた大蛇です。今年も豊作になりますように!

s-P1010021.jpg


スポンサーサイト

コメント

No title

面白い行事見に行かれましたね。良く情報をお持ちですね・・・
井出浦には浄水場もありますよね。山葵が役所の職員で栽培されているとか。
来年は私も是非行ってみたいと思います。チョット気が長いと言うか、気が早いと言うか。例年1月8日に催されるのでしょうか?

No title

うーさん
そうなんですよ。浄水場のすぐそばの公民館の前で毎年1月8日と決まっているようです。
我が家から車で15分ぐらい、近いので行ってみました。
うーさんも一度行かれてみてくださいね。

No title

記事が更新されるのを心待ちにしております。そつのない文章に酔いしれてコメントが出来ないでおります。井手浦の伝統行事一度見たいと思うばかりいつも後のまつりで~す。
非公開コメント

地球の名言


presented by 地球の名言

全記事表示リンク

黒ねこ時計 くろック E01

プロフィール

やんこ

Author:やんこ
やんこのぶらぶら日記へようこそ!
気が向いたとき、思い出したときに気ままに書き込む日記です。
時々のぞいてみてくださいね

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-