桜、さくら……、桜の時季は何となく浮き立つような気分になります。日本人は本当に桜の花が好きなんですねぇ。開花の季節になってあらためて見渡すとあちこちに実にたくさん桜の木が植えられています。
毎年咲く花は同じなのに必ず花見に行き、桜の並木道に車を走らせる時は華やいだ気分になり、散りゆく花を見るときは感慨に浸ります。

昨夜、なぜか寝付かれぬまま深夜のテレビをつけると、ちょうどソメイヨシノのことを話していました。
江戸時代末期、江戸の染井村である植木職人さんが大島桜と江戸彼岸という2種類の原種の桜を交配した10本のなかの1本で、それを大事に接ぎ木して増やしたのが現在のソメイヨシノだということです。こんなにたくさん桜の木が全国に普及したのは戦後だということですが、日本人の感性によほど合っているのでしょうね。

俳句でも花といえば桜の花のこと。今年の花ももうおしまい。また来年の花をみるころは鳩山政権はどうなっているかしら? 参院選の結果は……? 連立は……? 政界再編は……?
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

地球の名言


presented by 地球の名言

全記事表示リンク

黒ねこ時計 くろック E01

プロフィール

やんこ

Author:やんこ
やんこのぶらぶら日記へようこそ!
気が向いたとき、思い出したときに気ままに書き込む日記です。
時々のぞいてみてくださいね

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-