文学館企画展「落椿」

桜満開、日本人でよかったぁ…… と思える季節です。
 
5日、市立文学館で開催の「杉田久女・橋本多佳子展」に行きました。まだまだとおもっていたら会期末の9日がすぐそこまで迫ってきて慌てました。俳句に造詣が深いOさんとご一緒できたのでいろいろ会話が楽しめてよかった。

以前なにかで読んだことがあるので、その生い立ちや生涯のあらましのほんの少しは覚えていたけれど、この二人の女流俳人がこの小倉の地で一時期激しく情熱を燃やした秀句の数々を見て、17文字という短いことばのなかに込められたほとばしる思いの激しさに打たれるものがありました。

久女の晩年の哀切な境涯など思うとなんだか心残りで、もう少しゆっくりと鑑賞すべきだったかなとあとで思ったことでした。





花見の会

まだ肌寒い中、花見の会がありました。 といっても町内の年長者会の花見ですから近くのいこいの家で折ってきた一束の桜の花枝をみながらの会です。私はこの会には2度目の参加だけれど総勢10人、おしゃべりを楽しみました。

話題と言ったら高齢者お定まりの病気の話、どこの病院がどうだとか、誰からともなく言い出してわいわいと賑やかなこと。結構耳寄りな情報を聞くことができました。

この町内もできてから40年余り、移り住んできたころはみな若く、子供たちの声も聞こえていたけれど、もうすっかり高齢化して子供の声など聞くこともありません。 それでも長年の付き合い、なじみの顔が集まって気の置けないおしゃべりが一番です 

忘れん坊

寒がまたぶり返しましたね

話題に事欠いてまた失敗談です。
3日前のこと、2か月ぶりにパーマをかけに行ったら「傘、忘れていましたよ」と持ってきてくれました。

この傘はまたなくしてもあまり悔しくないようにと近くのサンリブで540円で買ったものです。でも安いからと言って沢山の中かたった一つ気に入ったものを選んだので、ちょっと残念に思っていました。あれからまた買いに行ったけれどどれも気に入らなくて買ってなかったんです。

忘れていても次に雨が降るまで気づかないもんだから、美容院だったとはねぇ。何でもかんでも手から離れるものは忘れる。これって認知症? 心配です。

認知症予防には二つのことを同時にする、たとえば足踏みしながら暗算するとか…… とTVでいってましたね。せめて1週間に1回のPC教室はまだまだやめられません。

恵方巻

今日は節分、巻きずしを買いに近くのスーパーに行く。 大勢の人だかりで山盛りの巻きずしがばたばたと売れている。太巻きや細巻、昔ながらの具の入ったものや刺身、サラダやとんかつをまいたものなどおいしそう。七福にちなんでしいたけ、きうり、穴子、高野豆腐、卵焼き、干瓢、おぼろなど七種の具材入りの恵方巻きを1本買った。

さて食べ方やいかに……。念のためネットを開いてみる。この頃は何かというとネットだ。便利なもんです。今年の恵方の方角、北北西を向いて食べ終わるまでしゃべらずに黙って1本全部を丸かぶりするのだそうだ。でないと歳神様のご利益がいただけないんだと。あ~あ、もっと細いの買えばよかったねぇ。これじゃとても食べきれないよ。

ははは、どうも神様のご利益とは縁がない身のようです。

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます

今年も穏やかないいお正月を迎えることができました。久しぶりに帰宅した夫の「やっぱりうちはいいなあ」というつぶやきを聴きながら差し向かいで杯を重ねました。こんなに穏やかでふっくらとした気持ちで毎日を送ることができたらどんなにいいだろう。叶わぬ願いかもしれないけれど……。

今日は友人のTさんが出演されるという「小倉北区民音楽祭」にウエルとばたまで行きました。聞き覚えのある懐かしい童謡からクラシックまで、コーラスから本格的なソプラノ独唱まで堪能しました。

Tさんがこんなに歌がお上手だったなんてねぇ、ちっとも知らなかった。赤いドレスがよく似合ってた。これからも歌を聴いたり絵を見たりしたいな。心に栄養となぐさめを……。

地球の名言


presented by 地球の名言

全記事表示リンク

黒ねこ時計 くろック E01

プロフィール

やんこ

Author:やんこ
やんこのぶらぶら日記へようこそ!
気が向いたとき、思い出したときに気ままに書き込む日記です。
時々のぞいてみてくださいね

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-